ミニマルライフを求めて

必要なモノだけで生活する"ミニマルライフ"を綴る30代間近な男のブログ

【セブンルール】細川芙美さんの考え方に気づかされたこと

セブンルール、毎週見てます!
たくさんの方の考え方やルールを知ることで、自分も共感する所や気づかされる点などが多くあり、毎週楽しく見てます。
先週の内容ですが、今回はフードデザイナーの細川芙美さんでした。細川さんの考え方で共感、考えさせられた点について書きたいと思います。

 

細川芙美さんとは

 f:id:dadadap:20171101001155j:plain

出典:humihosokawa

フードデザイナーの細川芙美さん。
食事に興味を持ち、調理師学校へ。卒業後はフレンチレストランなどで勤務。
そんななか美容院でとある雑誌を読み、ケータリングに出会う。
ケータリングに興味を持ち、すぐその雑誌で料理を作っていた料理研究家に連絡し、弟子入り!そして現在に至るそうです。

行動力が凄いな。

 

共感・考えさせられた点

【①】

欲しいなら欲しいと言わないといけないし、モジモジして怖いなとか恥ずかしいなとか、そういう気持ちで諦めるみたいなことはしない。

思い立ったら迷うことなく行動する。

情報を知ろうと思ったとき、ネットで調べたりとか、本を漁ったりとかして調べるだけでなく、現地の人からリアルな情報を聞く。

 

今回、この3点に共感しました。

細川さんは気になることは質問し、思い立ったら行動している。

これって簡単なようで、なかなか出来ないことが多い。最初の一歩を踏み出せば、そのあとはスムーズに進むのに、どうしても最初の一歩が踏み出せない。そういう事って、誰もが経験していると思う。

でも、やらないで後悔するよりはやって後悔する方が良いと言うし、周りにどう見られようと、失敗して恥ずかしいと思っても、踏み出すことは大事だなと改めて思った。
それに周りは自分が思っているほど、そんなに気にしてないと思うし!

 

そして、現地の人とのコミュニケーション!

確かに今はネットや本で、多くのことを吸収できると思う。でも自分の足で動いて、見て、聞いて、感じる事で、初めて知ることあると改めて思った。

 

自分も読書は好きで色々読んでるけど、もっと外に出て、自分の知らないところに出かけて、色々な事を感じようと思いました。